kokusai2017
 14 日の朝は、アジアンモーニングでアジアからの参加者が担当するプログラムでしした。 13 日のランチタイムに、インドネシアのナショナルプレジデントでありアジア地区担当のアーディアン氏を、中心にアジアから参加したメンバーが、ミーティングをしました。私にも 15 分の証の時間を頂く事になりました。インドネシア、マレーシア、フィリピンそして日本のアジアからの参加者に加え、ハワイのポールが、スピーカーとなりました。
 5000 人収容の COPANTLCONVENTION<  CENTER は、満員でした。賛美から始まり順に証をしました。私は、重症筋無力症という難病に罹り、全身がマヒし呼吸もできなくなり、医師すら治療により治るかは「神様しかわからない」と言う中、劇的な癒しの奇跡が起こり、今こうしてFGBMFI の活動をしている証をし、祈りの大切さを話しました。聖霊が充満する中、力強くイエスキリストの力を証する祝福時間を持つことができました。
 終わった後、 100 人を超える人に声を掛けられ、祈りを求められました。 15 日翌朝、ホテルのスタッフから、「新聞を見たよ」と言われ私の写真が載っている朝刊を手渡せれました。本当に自分の写真が掲載された、 FGBMFI のコンベンションの記事がありました。また、 16 日に日曜版にも再度、私のスピーチする記事が掲載されていました。日本で一般紙で、キリスト教のコンベンションが大きな記事になることは珍しいことですが、中米のホンジュラスの新聞に掲載されるとは何と神様は驚くべきことをなさるのかと主に感謝します。 ハレルヤ、主に栄光。(保田会長)