FGB(フルゴスペル・ビジネスメンズ・フェローシップ・インターナショナル)は、アメリカの実業家デモス・シャカリアンによって1952年に設立された、全福音(フルゴスペル)を信じる男性社会人による超教派のクリスチャン団体です。現在、世界160カ国に5000チャプターが存在します。FGBジャパンは、この世界に広がるFGBの日本の組織として1989年に発足し、現在11チャプターが存在します。
 FGBは、社会で働いているクリスチャン同士が横のつながりを持ち、励ましあい、聖霊の働きにより頼んで、同じような社会的立場にある人々に、キリストの福音を証ししていきます。また、『フルゴスペル』という名が示すように、聖霊の賜物を認めて用いています。FGBは、キリストのからだとしての教会に一致をもたらすことを目的としています。私たちは新たな教会を建てるのではなく、それぞれの地域教会の益になるように働くことを目指しています。教会員がFGBの働きに加わり、刺激を受けることによって、各々の教会に、より忠実に使えるようになることを願っています。
 FGBIの活動の多くは、チャプター単位で行われています。メンバー同士の親睦を深めるメンバーズミーティング、福音を証しするためのオープンミーティングやバンケット(夕食会)、各地に出かけていって伝道するアウトリーチ(エアリフトとも呼ばれています)、各種セミナー開催などが行われています。FGBMFIジャパンとしては、全国大会の開催、世界大会への参加、機関誌などの発行などを行い、このフェローシップの充実を目指しています。

 

レディース・オブ・ザ・フェローシップ

 

 FGBは男性による団体ですが、女性の方々、特に会員のご夫人方の働きなしにはなりたちません。1990年代になって、このFGBMFIを支えてくださっている女性の方々を、レディース・オブ・ザ・フェローシップ(略称レディース)として公に認めるようになりました。FGBジャパンでも、2000年よりレディース・オブ・ザ・フェローシップを発足し、チャプター役員の依頼のもとに、女性の方々も活動に公に加わるようになりました。