オフライン理事会

 去る10月5日(土)の午後から、夜の11時近くまでかけて、副会長の島村宅で、恒例のオフライン理事会を行いました。今回は、「重要な過渡期を迎えようとしているFGBジャパン」という全員一致の緊張感の中に、中身の濃い話し合いができました。この日の話し合いを通して、FGBがミニストリーとして、主から与えられたビジョンを実現するために何をすればよいのか、進むべき方向やこのミニストリーのあるべき姿が徐々に明らかになって来ました。その実現のためには、豊富な人材、経済的土台、神様からの助けが必要であり、それらを主が必ず与えてくださると信じます。写真は、島村副会長の奥様が心を込めて用意してくださった、すばらしい食事を前に、霊肉ともに満足感に溢れる理事たちです。